猫を選ぶポイントとは?飼い主さんがネコを飼う前に理解したい8つのポイントをまとめてご紹介

猫といってどんな猫を思い浮かべますか?短毛種、長毛種の猫など様々な猫が存在します。これから猫を飼う方の場合理解しておきたい点として、猫といっても、様々な種類のネコが存在するということです。そして、猫の種類によって、見た目、性格、特徴や性質、世話のポイントも多種多様なのです。今回は、猫を選ぶポイントとは?飼い主さんがネコを飼う前に理解したい8つのポイントをまとめてご紹介します。

猫の選ぶポイントってどうすればいいのか?

猫は本当に多種多様な猫が存在します。その中で、飼い主さんの猫を選び方法としてよくあるのが直感に頼ってしまうケースです。勘に頼り過ぎてしまうと、かわいい見た目に影響を受けてしまい、本来自分との相性のいい猫を選べないケースが出てきてしまいます。猫の選ぶポイントをまず理解して、相性のいい猫を絞り込んでくださいね。

猫を選ぶときのポイント①:飼い主さんは猫と仲良く付き合えると感じているか

かわいい猫と一緒に暮らしてみたいと考えたとき、まずどんな猫を選べばいいか考えましょう。直感をあまり頼りすぎると家族を迎えるようなものなので、失敗したとき取り返しがつきません。飼い主さんが猫を選ぶポイントとして、好みの猫を選ぶためには、それぞれ猫の性格や特徴を知ることが大切です。また、 猫によってお世話にかかる手間も違います。 住環境についても考えなければいけません。直感的に選んでしまう衝動飼いは禁物なのです。飼い主さんが猫を選ぶ際の責務として、じっくりと考え、楽しくつき合える猫を選びましょう。

猫を選ぶポイント:猫の基本的な性格と特性を理解する

猫の基本的な性格と特性は大きく三つあります。

スポンサーリンク

  • 猫の性格・特性:猫は束縛が嫌いで単独行動をする
  • 猫の性格・特性:猫は1日のうちほとんでを寝て過ごす(15時間ぐらい)
  • 猫の性格・特性:猫は獲物を捕らえるハンターの一面を持つ

猫を選ぶときのポイント②:ネコの性別を理解する

猫を選ぶときのポイントとして、猫は個体差はありますが、猫のオスは活発で外交的、そして甘えん坊が多い傾向があります。猫のメスは内気で落ち着いたク ールなタイプが多いといわれています。もちろん、子猫のときは性別による外見の違いはほとんどありませんが、成猫になるとオスのほうが大きな体格になり、顔もオスは大きく、横に張り出します。猫のメスは体も顔もほっそりしてしなやかな印象です。

猫を選ぶときのポイント③ネコの長毛種と短毛種の違いを理解する

猫を選ぶときのポイントとして、長毛種と短毛種の違いを理解していることが大切です。猫の毛の短い猫を「短毛種」というのに対して、毛の長い猫を長毛種といいます。そして、これらの毛の違いがネコの性格の違いを生み出しています。猫の長毛種は性格がおっとりとしていておとなしいことが多いので、ネコの長毛種は毎日のこまめなブラッシングが必要です。したがって、お手入れに手間をかけられる人に向いています。一方で、ネコの短毛種は活発な性格が多く、毛のお手入れの手間は長毛種よりかかりません。飼い主さんの性格でどちらタイプのネコの方が自分に馴染むのか理解しておく事が大切です。

スフィンクスのような無毛のネコの場合は?

ネコによっては、無毛のネコも存在します。代表的な猫を一つ上げると、スフィンクスです。スフィンクスは柔らかいうぶ毛しか生えてこない、ほとんど無毛の猫種です。スフィンクスの容姿は写真の通りとてもユニークで、手触りはベルベットのように滑らかな特徴を持っています。他にも被毛がカールしているネコ種もいます。

猫を選ぶときのポイント④:ネコは成長によって性格が変わることを理解する

子猫を飼う魅力は、なんといっても愛らしい子猫の時期を堪能できることにつきるでしょう。愛猫の成長を毎日楽しむことができるのは、飼い主さんの醍醐味だと言えます。しかし、全てが楽しいというわけではありません。子猫は手間がかかることも事実だということです。例えば、子猫にトイレや爪とぎを教えたり、1日に何度も食事を与えたりと、お世話に手間がかかるのです。

子猫はタフでやんちゃなので、満足するまで遊び相手になってあげる時間も必要です。飼い主さんでこまめなお世話が難しい人は、成猫から飼いはじめるのもひとつの手段です。なぜなら、トイレなどのしつけをされた猫であれば、手間もかからなくなるからです。猫とは落ち着いた関係を築けるでしょう。しかし、飼い主さんに慣れるまで時間がかかるケースもあります。 可愛すぎる子猫か、手間のかからない成猫か、飼い主さんは両方の違いを理解して選択する必要があります。猫を選ぶポイントして、飼い主さんの生活スタイルとあわせてよく検討するとよいでしょう。

猫を選ぶときのポイント⑤:子猫にはしつけが行いやすい時期がある

子猫を飼い始めるしつけがしやすく、環境にも適用しやすい時期があります。一般的には生後2〜3ヶ月からがオススメ時期です。問題なのが、子猫の遊びに付き合える時間と根気が必要なのです。

猫を選ぶときのポイント⑥:純血腫と雑種の違いとは?

猫の純血種は、猫種による特徴が明確なので、好きなタイプを選びやすいのがメリットです。その猫種独特の色や外見の特徴もあります。一方で、雑種(ミッ クス)は比較的入手しやすく、色や模様に多様性があるところも魅力です。猫の純血種と雑種は、個体によって性格などは違うので、飼い主さんは事前によくチェックしましょう。

猫を選ぶときのポイント⑦ネコの好みの模様や顔の種類を理解する

猫を選ぶときのポイントとして、いろんな猫を見てみいくことが良いでしょう。せっかく猫を飼うなら、好みの外の猫を選びたいのも本音です。ひと口に猫といっても、模様や顔つき、体型は本当に多種多様です。どんな猫が好みかお店やネットショップ、キャットカフェでいろいな猫を見て比較して飼い主さんの好みの猫を模索してください。すると飼い主さんの好みの猫の傾向が見えてくるかもしれません。

猫にはどんな色や模様のパターンがあるのか?

猫は単色の被毛に覆われています。猫の単色の場合は、ホワイト、ブラック、シルバーなどのパターンが考えられます。

アメリカンショートヘアーのような横腹に渦巻き模様のあるクラッシクダビーのような色のパターンもあります。

その他にも、三毛ネコのような白、黒、茶の三色がモザイク状に入った模様も考えられます。

猫を選ぶときのポイント⑧:猫の体型と顔の選び方とは?

猫の体型と顔は大きく分けて4つのパターンが存在します。一つずつ紹介していきます。

猫の体型と顔の選び方①:猫のまん丸・ずんぐりタイプの猫の場合

「まん丸・ずんぐり」タイプの猫を専門的には、コビーと呼ばれる体格で腰幅が広くて重心が低くどっしりとしているのが特徴です。猫の品種でいうと、ペルシャやヒマラヤン、エキゾチックが該当します。鼻ペチャ顔の猫もいますよね。

関連記事:エキゾチックという猫種を知っていますか?テディベアのような可愛さを持つ魅力や特徴、価格などを中心に

猫の体型と顔の選び方②:しなやか均整型の猫の場合

しなやか均整型の猫の場合は、長く羽のある四肢とすらりとした筋肉質なボディーはフォーリンと呼ばれる体型を持っています。猫の品種では、アルビシニアンやロシアンブルーがこれに当たります。くさび形の頭とアーモンドのような形の大きな瞳が特徴です。

関連記事:アビシニアンという猫種を知っていますか?クレオパトラにも愛された性格や毛色の特徴など魅力を紹介します

猫の体型と顔の選び方③:ニョロっとスリムな猫の場合

オリエンタルと呼ばれる体型で、非常にほっそりとした体に長い首を持っています。ひょろりと伸びた四肢、そして小さな逆三角形の頭が特徴です。ジャムやオリエンタルショートヘアーが該当します。

猫の体型と顔の選び方④:がっしり野生的な猫の場合

筋肉質で骨太です。がっしりした体型の大型で、専門的には”ロングとサブスタンシャル”と呼ばれています。メインクーン、ノルウェージャンフォレストキャットなど野生猫に近いタイプです。

関連記事:北欧ではよく知られているノルウェージャンフォレストキャットってどんな猫?特徴や性格、その魅力に迫る

猫の選び方のポイント・終わりに

いかがでしたか。猫といってもかなりのタイプの猫が存在します。その中で、ポイントを絞り込んで飼い主さんにとって最適な猫を見つけることができれば幸いです。是非自分との相性抜群の猫を見つけてくださいね。

猫のことをもっと知りたければ是非チェックしてみてくださいね↓↓↓

Amazon

スポンサーリンク

Follow me!

Pocket