猫と赤ちゃんの生活のコツとは?よくあるネコと赤ちゃんの同居の不安な理由をケースとともにご紹介

猫と赤ちゃんが一緒に住むのは問題だと思いますか?赤ちゃんとの新生活では、期待と不安も大きなものだと思います。猫が一緒となればより一層不安が増えることでしょう。そうした中で、今回は猫と赤ちゃんの生活のコツをご紹介します。

猫との同居が不安な理由とは

猫のするべきことをきちんとしていれば大丈夫です。飼い主さんが赤ちゃんが生まれる場合、それは期待とともに、初めてのことの場合は心配や不安もいっぱい、という気持ちかもしれません。とりわけ猫を飼っている人は、猫と赤ちゃんの同居について、病気や生活そのものに漠然とした不安を抱いているものではないでしょうか。

しかし、猫の健康管理と病気感染の予防などするべきことをきちんとしていれば、心配することはないのです。猫と暮らすことの素晴らしさを生まれてくる赤ちゃんにも、是非教えてあげましょう。

猫と赤ちゃんの同居のよくある心配事のまとめ

猫と赤ちゃんの同居で考えられる心配ごとがいくつかあります。今回はよくある心配事をまとめてみました。

スポンサーリンク

猫と赤ちゃんの同居の心配①:ミルクの匂いで猫が赤ちゃんを襲うのでは?

頭の中で考えればありそうなことですが、実際にそういうことがあったという話は聞いたことがありません。特に乳児の頃は、お母さんも赤ちゃんの身近にいるのが普通なことですから心配する必要はないでしょう。

猫と赤ちゃんの同居の心配②:猫のせいで赤ちゃんがアレルギーになる?

もともとアレルギー体質でないのに猫に由来する抗原(猫の毛、フケなど)に触れたためにアレルギーになる、ということはあり得ないです。結論ですが、むしろ新生児のうちから猫が身近にいた子供のようが、猫が原因のアレルギーになることが少ないと考えられます。

猫と赤ちゃんの同居の心配③:猫は赤ちゃんのストレスになるのか?

赤ちゃんのほうが心配ならば、まったく問題ないでしょう。なぜなら、そう認識できるほどの能力を赤ちゃんは兼ね備えていないからです。むしろ猫にとって赤ちゃんの同居がストレスとなるケースが多いようです。

猫と赤ちゃんの同居の心配④:妊婦になると猫と体質的に合わなくなるのか?

物事に対して、妊婦の体が過敏に反応するようになることはありませんが、妊婦さんが心配しすぎないことが一番望ましいでしょう。

猫と赤ちゃんの同居・終わりに

いかがでしたか。猫と赤ちゃんの同居は実は大きな問題はありません。ですから、猫と赤ちゃんの同居を実践することは大きな問題が生じないでしょう。どうしても猫と赤ちゃんの同居に不安な場合は、かかりつけの動物病院にいき、獣医師の先生のアドバイスをもらうと良いでしょう。

猫との生活をもっと理解したいならばおすすめです↓↓↓

Amazon

スポンサーリンク

Follow me!

Pocket