なぜ猫を飼うと幸福感が増すのか?猫を飼うと、猫も人も双方でハッピーな猫の幸福感のすすめ!

最近では幸福論において経営と幸福などが流行っていますよね。実は猫にも幸福論という考え方もあるのです。猫の幸福論は、人間と猫の双方の望ましい関係、よりよい暮らしを考えていくこと、猫と一緒に幸せになれる方法のことです。今回はそんな、猫の幸福論について詳しくご紹介します。

なぜ猫の幸福論をすすめるのか?

「cat happiness」の画像検索結果

最近では、動物とのふれあいは、人間の精神面だけでなく、体の健康にもよい影響を与えることが科学的な研究でも証明されています。例えば、ペットと暮らしている人のほうが、血圧や血清中性脂肪が低い心筋梗塞を患った人の1年後の生存率が高いといったデータもあります。

猫の幸福論は、動物介在療法でも科学的に証明されている


動物介在療法とよばれる、動物と共に運動などをする治療法では、腕の麻痺を抱えた患者が、犬にボールを投げて一緒に遊ぶことで、治療効果が上がった例などもあります。それだけには留まらず、直接治療に関わるわけではありませんが、動物介在活動とよばれる動物とのふれあいも、患者や高齢者に精神的な安定をもたらしたり、動物を通して会話や笑顔が広がるといった効果を上げています。

スポンサーリンク

猫の幸福論は、世界的にアニマルセラピーとして実践されている

アニマルセラピーとは、動物を使ったセラピー手法のことを指します。アニマルセラピーとは、動物とのコミュニケーションなどで患者の内在するストレスを軽減させたり、患者に自信を持たせたりといったことを通じて精神的な健康を回復させるこアプローチ手法です。こうした動物と人間とのふれあい活動を総称して、アニマルセラピーと読んでいるのです。

猫の幸福論は、猫と人間とともに幸福になれるよう考えることが大切

「cat happiness」の画像検索結果

アニマルセラピーの研究のなかに、注目すべきデータがあります。犬の場合、犬と飼い主がふれあっているとき、人間も犬も、脳内の幸福感やリラ ックスを感じる物質、エンドルフィンの数値が上がっているというの です。この共に幸福を感じることが、人間と動物との絆(ヒューマン·・アニマル・ボンド)にとって、大切なことだと考えられます。 このデータは犬のものですが、共に幸せを感じることが大切なのは、猫にとっても同じです。人間が猫の存在に癒しや幸福を感じるだけでなく、ねこも安定した環境、安定した人とのつながりのなかで、一生を幸福に暮らせるように努力するのが、飼い主の責任といえるのです。

猫の幸福論であるアニマルセラピーとは?

「cat Therapy」の画像検索結果

アニマルセラピーは、動物とのふれあいによって、治療効果や健康促進、メンタル改善などに効果がある活動の総称です。 どんな治療法があるのか、どんな効果が見込めるのかをまとめました。

アニマルセラピー治療法①:動物介在療法について

「AAT animal」の画像検索結果

動物介在療法とは、治療上のある部分で動物が参加することです。医師や看護師、社会福祉作業・心理・言語療法士など、専門家が参加して行うことです。

アニマルセラピー治療法②:動物介在活動


動物介在活動とは、動物とのふれあいから生まれる活動です。病院などで行う専門家が参加するプログラムとは異なり、ボランティア活動によっておこなわれているのが一般的です。

アニマルセラピーの効果①:精神的効果

精神的作用は、動物に対する責任感や、必要とされているという気持ちをもてるようになります。 人は、リラックスした気分や笑い、楽しみをもたらすようになります。また、ストレスや孤独感を癒すようになります。動物をきっかけに、周囲の人との会話や交流が増えるようになります。

アニマルセラピーの効果②:体の健康への効果

動物に対して働きかけることで、日常の運動や動作が多くなるようなります。結果として、患者の心臓病や高血圧に対する効果も科学的に証明されています。

終わりに

「cat Therapy」の画像検索結果

いかがでしたか。ペットを飼うことは、多くの幸福感を生み出し、健康的な良い影響をもたらすことが科学的にも証明されています。長生きしたい、健康的な毎日をおくりたい、などの誰もが望む幸福感を生みだすためには猫などペットを飼うことが近道かもしれませんね!是非ご検討してみてはいかがでしょうか。

アニマルセラピーをもっと知りたければ是非チェックしてみてくださいね↓↓↓

Amazon

トップページ

スポンサーリンク

Follow me!

Pocket