外泊時に猫をどうすれば良いのか?選択肢と対処方法のまとめ

出張の多い方・旅行することが多い飼い主さんは、外泊時の猫をどうすれば良いのか悩んだことがあるかと思います。そんなとき、あなたはどうしていますか。今回はそんな、外泊時に猫をどうすれば良いのか?選択肢と対処方法をご紹介していきます。

外泊時に猫を一人きりにして大丈夫なのか?

「cat alone」の画像検索結果

猫の外泊時に一人きりにして大丈夫なのかと不安になる方もいるかと思います。もちろん、飼い主さんは、外泊よりなるべく自宅で過ごせることが望ましいでしょう。しかし、旅行や出張などでどうしても数日家を明けなければならないとき、 どうすればいいのかという問題に直面することでしょう。飼い主さんの場合どうしていますか?

猫の外泊の対応にはいくつかの選択肢がある

「cat alone」の画像検索結果

猫の選択肢としては、お留守番させる、ペットホテルに預ける、ペットシッターさんをお願いする, 家族や知り合いに留守中にお世話をしてもらう、キャリーケースに入れて連れていく、の5つの選択肢が大きく考えられるかと思います。それを踏まえて猫の外泊の対応をいくつかケースごとに考えていきたいと思います。

猫の外泊時の対処方法①:猫一人で留守番をさせる

安全面を考えると猫の外泊時一人で留守番させるのは、1泊2日までにしたほうが望ましいでしょう。猫のお留守番は、食事・水・トイレを準備しておけば、猫は1泊程度なら問題なくお利口に留守番してくれることでしょう。もし猫を複数飼っているならば、遊び相手がいるので退屈はまぎれます。しかし、留守番はやはり何が起こるかわからないので、 2日以上の1泊2日までを基本に考えるべきだと考えられているので、長期の外泊のときは猫を一人にしておくのは望ましい選択肢ではないと言えます。

スポンサーリンク

猫の外泊時の対処方法②:ペットホテルを利用する

ペットホテルを利用する場合、注意したいのは猫は同じフロアで過ごす形式だと、ストレスを感じるようになります。以前利用したことがあれば安心感はありますが、猫にとって他の動物と一緒にいるのを嫌う傾向があります。とりわけ犬と同じフロアでケージも近いような場合はかなりのストレスを受ける可能性が考えられます。ですから、ペットホテルも完璧な選択肢とは言えないのです。ただし、個室完備のホテルであれば、家で使っている毛布やおもちゃなどをもちこむことでストレスの軽減させ気持ちよく過ごさせるアプローチもあります。コストはかかってしまいますが。

ただし、飼い主さんは猫は縄張りの外で寝ることを嫌う傾向があるのを理解していたほうが望ましいと言えます。

猫の外泊時の対処方法③:ベビーシッターや家族、友人に預ける

ベビーシッターや家族、友人に預ける場合は、縄張りの中で生活して、世話をしてもらえる環境ですから、猫にとっては比較的安心な環境と言えます。 ベビーシッターさんや家族、友人には家の鍵を預けるわけですから、信頼関係がしっかりできていることが前提です。これらの問題が解消できるのであれば、猫は自ら家を出る必要がなく、かつ世話もしてもらえる点で、比較的安心できる対処方法と言えます。 顔なじみの信頼できるペットシッターさんや友人がいれば、猫好きで愛猫とも 度か会ったことがある友人がいれ場これらの選択がベストと言えます。飼い主さんが外泊時、ベビーシッターさんや家族、友人などの訪問時には一緒に愛猫と遊んでいたりする場合、猫の様子を写真付きメールで送ってくれたりすると安心して外泊ができますよね。

猫の外泊時の対処方法④:猫を一緒に連れて行く

あくまでキャリーケースでの移動にすでに慣れさせてあることが前提になりますが、愛猫を飼い主さんと連れて行くアプローチです。クルマにしろ電車や飛行機にしろ、移動時間がどのくらいかかるかで選択肢の選び方も変わってくるでしょう。愛猫が移動に慣れていない場合、長時間の移動はおすすめできません。猫の声が聞こえるならば、愛猫が自分でどうしてほしいか本音で聞けるのがベストかと思います。

猫は一般になわばりを守って暮らす動物です。ですから、通常の猫の気持ちは、「やっぱり自宅でお留守番したい」とコメントする可能性が高いものと考えられます。

終わりに

「cat alone」の画像検索結果

いかがでしたか。普段出張や旅行を頻繁に行く場合、愛猫の外泊の対処方法の問題に直面するはずです。猫の外泊時の対処方法は大きく4つ考えられます。シチュエーションに合わせて、外泊時の対処方法を選択するのが望ましいでしょう。一番望ましいのは、外泊をしないことだと思いますが難しい場合は状況に合わせて選択肢を選んでいただけると幸いです。

スポンサーリンク

Follow me!

Pocket