猫はなぜかばんにおしっこをするのか?来客時の友人のバッグをオシッコから守る対処方法とは?

猫はなぜか知り合いがくるとかばんにおしっこをしてしまうなんてことありませんか。一見、嫌がらせやいたずらでおしっこをしていると思われがちですが、猫にとって知らない人や身近でない人が近づくことは不安や心配な状況なのです。今回は、そんな「猫はなぜかばんにおしっこをするのか?来客時の友人のバッグをオシッコから守る対処方法とは?」をご紹介します。

猫はなぜかばんにおしっこをするのか?

「cat Peeing at bag」の画像検索結果

猫にとっては、自宅は1日の75%以上を過ごす場所です。言い換えると、猫のコア・エリアとも呼べる場所で、猫が快適に過ごせることはとても重要です。例えば、室内飼いの猫にとっては、家の中が自分のコア・エリアですから、そこに見知らぬ侵入者がいれば、とても気になるのは当然でしょう。猫によっては、飼い主さんの友人の来客の気配だけでどこかに隠れてしまい、友人やお客さんに姿を見せないこともあるでしょう。

猫がかばんにおしっこをする理由は、侵入者の匂いを消すため!?

訪問者が来て、愛猫が少し落ち着いてきたり、やや積極的な猫だったりする場合は、猫は侵入者のにおいをチェックし始めます。ただし、このときも、直接来客に向かうのではなく、置いてあるバッグや玄関の靴などに少しずつ近寄っていくことが一般的です。もしここで、来客者本人が急に近づいたり、触ったりすれば、逃げ出したり、威嚇したりするかもしれません。匂いチェックの結果、 知らない人間のにおいに慌てふためくと、おしっこをかけてそのにおいを消そうとします。不安だから自分のにおいにしたい、猫が感じているのはそれだけです。決して、飼い主を困らせようなどと思っているわけではないのです。

猫は匂いに関する感知は鋭く浮気を見破ることも!?

「cat Peeing at bag」の画像検索結果

猫は知らない匂いだけでも嫌いです。猫の匂いに関しては、こんな驚くべき事例もあります。ある猫を飼っている家庭で、猫が急に、ジムから帰った男性のスポーツバッグにだけ、おしっこをかけるようになりました。この男性、バッグをもって出かけた先で、別の女性と親密になっていたのからなのです。猫は、バッグやその中の衣類から、知らない女性のにおいを感じ、猫は匂いの変化に不安を感じてそこに排尿したのです。その結果、夫の浮気の秘密まで嗅ぎ当ててしまうというケースもあるのです。

スポンサーリンク

猫はかばんにおしっこをする行為だけでなく、うんちをすることもある

「cat Peeing at bag」の画像検索結果

猫が匂い消しのためにおしっこをするというのは一般的ですが、 おしっこをする行為だけでなくうんちをすることもあります。これもおしっこをする行為の原理は同じで、知らない匂いを消すためにうんちという手段を使うのです。目的は知らない匂いを消すということで同じなので、手段が変わることはあるので注意してください。猫がおしっこでなくウンチをした事例は、友人の靴の中にうんちをしていたということが過去にあったようです。

猫が知らないかばんにおしっこをするとき匂いが消えないのはなぜか?

「cat Peeing at bag」の画像検索結果

猫が革などの特集製品でおしっこをした場合、猫のおしっこを消すのは困難です。猫のおしっこは本当に臭いです。なぜなら、肉を主食に食べる猫の尿には多くのタンパク質が含まれているからです。より良いタンパク質を食べるほどフェリニンという物質が匂いの発生原因になっています。結果として、硫黄臭や腐敗臭を含んだきつい匂いのおしっこになるのです。革製品のバッグの場合は、匂いが染み込んでしまったりするため、尿の成分を完全に取り除くのは困難な性質となっています。

猫が知らないかばんにおしっこをさせないための対処方法

猫が知らないカバンいおしっこをさせないための対処方法として猫の性質をしることが大切です。猫は知らない匂いに敏感なので、おしっこをしてしまうものだと飼い主さんは理解しなければいけません。ですから、来客時には、バックを猫が近づけない環境に置くなどする必要があります。一度猫のおしっこの匂いが革製品などについてしまうと、製品の性質上洗い流すのは困難なケースが多いので、猫の特性を理解して未然に防ぐアプローチが望ましいでしょう。

終わりに

「cat Peeing at bag」の画像検索結果

いかがでしたか。猫がカバンにおしっこをしてしまうのは、多くの場合知らない匂いを消そうとする心配行動なのです。したがって、もし猫が知らないバックにおしっこをしてしまったら、飼い主さんは猫を攻めるのではなく猫の習性を忘れていた自分を攻めるようにしてくださいね。

禁断の猫の気持ちがもっと理解したければ、読みやすので是非チェックしてみてください↓↓↓

Amazon

スポンサーリンク

Follow me!

Pocket